政策・教育開発研究部

|研究室一覧|教育・研究|

研究業績

原著

2017年1月~3月

  1. 和住淑子,野地有子,黒田久美子,錢 淑君,鈴木友子*,北池 正,吉本照子:看護学教育におけるFDマザーマップの開発.千大看紀要,39,21-26,2017.
    *2016年3月まで本研究科特任助教

学会発表抄録

2017年1月~3月

  1. Shu Chun Chien, Yoshiko Wazumi, Toshie Yamamoto, Takeshi Matsumoto, Takashi Maeda, Tomoko Katagiri, Akiko Nagata, Fusako Kawabe:Program for promoting self-management of health status for nursing students based on oriental concepts. Creating Healthy Work Environments- The conference of Sigma Theta Tau International Honor Society of Nursing, 2017.
  2. Toshie Yamamoto, Shu Chun Chien, Takeshi Matsumoto, Yuka Kanai: Study of promoting health management for nurses working at a highly advanced treatment medical center. Creating Healthy Work Environments- The conference of Sigma Theta Tau International Honor Society of Nursing, 2017.

2017年4月~12月

  1. Yoshiko Wazumi, Toshie Yamamoto, Shu Chun Chien:‘Analogy’ as methodology in solving modern day problems by learning from F. Nightingale’s work. The conference of Sigma Theta Tau International Honor Society of Nursing, 2017.
  2. 湯浅美千代, 錢 淑君:エンドオブライフにおける文化的ケア-文化看護学会第8回学術集会 分科会I-.文化看護学会誌,9(1),2,2017.
  3. 和住淑子,斉藤しのぶ:看護の大学教育進展の過程に見る「看護学の体系性」の自覚とその「社会的認知」の変化.日本看護学教育学会誌第27巻(日本看護学教育学会第27回学術集会講演集),262,2017.
  4. 河部房子,和住淑子,錢 淑君:自己の看護実践体験に対する看護学生のリフレクションの特徴. 日本看護学教育学会誌第27巻(日本看護学教育学会第27回学術集会講演集),172,2017.
  5. 丸山香織, 片桐智子, 錢 淑君,山岸仁美,戸田 肇, 高橋幸子,河部房子,斉藤しのぶ,前田 隆:統合実習の評価基準構築にむけた統合実習に関する文献の動向. 日本看護学教育学会誌第27巻(日本看護学教育学会第27回学術集会講演集),196,2017.
  6. 片桐智子,丸山香織, 錢 淑君,山岸仁美,戸田 肇, 高橋幸子,河部房子,斉藤しのぶ,前田 隆:「看護基礎教育課程における統合実習」実践事例その1:看護のアート&サイエンスの育成を目指して. 日本看護学教育学会誌第27巻(日本看護学教育学会第27回学術集会講演集),197,2017.
  7. 錢 淑君, 片桐智子,丸山香織,山岸仁美,高橋幸子,河部房子,斉藤しのぶ,前田 隆:「看護基礎教育課程における統合実習」実践事例の検討その2:ナースサイエンティストの育成を目指して. 日本看護学教育学会誌第27巻(日本看護学教育学会第27回学術集会講演集),197,2017.
  8. 高橋幸子, 片桐智子, 錢 淑君,山岸仁美,戸田 肇, 河部房子,斉藤しのぶ,前田 隆, 嘉手苅英子:「看護基礎教育課程における統合実習」実践事例の検討その3:ナースサイエンティストの育成を目指して. 日本看護学教育学会誌第27巻(日本看護学教育学会第27回学術集会講演集),198,2017.
  9. 和住淑子:ナイチンゲールの理論形成と英国産業革命.ナイチンゲール研究学会第38回研究懇談会,2017.
  10. 吉田澄恵,吉本照子,黒田久美子,和住淑子,野地有子,錢 淑君,櫻井友子*:全国の大学における看護学教育の継続的質改善(CQI)活動の実態と促進要因.第37回日本看護科学学会学術集会電子抄録集,2017.https://confit.atlas.jp/guide/event/jans37/proceedings/list新規ウィンドウでページが開きます
  11. 黒田久美子,吉田澄恵,櫻井友子*,吉本照子,和住淑子,野地有子,錢 淑君:看護学教育の質確保のための取り組みと課題-「到達目標2011」の活用実態等に関する全国調査報告2報.第37回日本看護科学学会学術集会電子抄録集,2017.https://confit.atlas.jp/guide/event/jans37/proceedings/list新規ウィンドウでページが開きます
  12. 和住淑子,吉本照子,吉田澄恵,野地有子,黒田久美子,錢 淑君:看護系大学における教育の質改善への取り組みの特徴と背景要因との関連.第37回日本看護科学学会学術集会電子抄録集,2017.https://confit.atlas.jp/guide/event/jans37/proceedings/list新規ウィンドウでページが開きます
  13. 坂本真南,辻守栄,和住淑子:ICU多職種チームにおける早期リハビリテーションの判断と介入に関する実態調査.日本救急看護学会雑誌,19(3),267,2017.
  14. 今村恵美子,山内豊明:我が国のグローバルヘルス・コンピテンシー看護教育の現状と課題.第37回日本看護科学学会学術集会電子抄録集,2017.https://confit.atlas.jp/guide/event/jans37/proceedings/list新規ウィンドウでページが開きます

報告書

2017年1月~3月

  1. 吉本照子,野地有子,手島 恵,和住淑子,黒田久美子,錢 淑君,佐藤奈保,杉田由加里,黒河内仙奈*,阿部恭子**,吉田澄恵,井関千裕***:平成28年度 看護学教育研究共同利用拠点 看護学教育ワークショップ報告書-卒業時到達目標の評価をどう行い、どう活かすか~大学改革時代における看護学教育の継続的質改善への挑戦~.看護学教育研究共同利用拠点 千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター,2017.
    *平成29年3月まで本研究科教員、**平成29年3月まで本研究科特任准教授,***平成29年3月まで本研究科特任助教
  2. 和住淑子,黒田久美子,高島尚美,飯岡由紀子,山本真実:「看護学教育におけるFDマザーマップの開発と大学間共同活用の促進」プロジェクト「看護学教育におけるFDマザーマップ」対応型FDコンテンツ開発報告書 教員としての教育観とその背景にある組織のあり方を考える-学生への対応に困った10事例を通して-.看護学教育研究共同利用拠点 千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター,2017.
  3. 吉本照子,野地有子,和住淑子,黒田久美子,錢 淑君,吉田澄恵:平成28年度 文部科学省 大学における医療人養成の在り方に関する調査研究受託事業 看護師等の卒業時到達目標等に関する調査・研究 学士課程における看護実践能力と卒業時到達目標の達成状況の検証・評価方法の開発 看護系大学における「到達目標2011」の活用実態と背景要因の解明に関する全国調査 報告書.看護学教育研究共同利用拠点 千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター,2017.
  4. 萱間真美,宮本千恵子,和住淑子,宮林郁子,高見沢恵美子,菅原京子,石橋みゆき,五十嵐ゆかり:日本看護系大学協議会平成28年度事業活動報告書「看護学教育質向上委員会」.一般社団法人日本看護系大学協議会,2017.
  5. 吉本照子,野地有子,和住淑子,黒田久美子,錢 淑君,赤沼智子,阿部恭子,井関千裕,吉田澄恵:平成28年度看護実践研究指導センター年報.看護学教育研究共同利用拠点 千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター,2017.

2017年4月~12月

  1. 吉田澄恵,吉本照子,和住淑子,野地有子,黒田久美子,錢 淑君:文部科学省特別経費(プロジェクト分)看護学教育の継続的質改善(CQI:Continuous Quality Improvement)モデル開発と活用促進プロジェクト 大学における看護学教育の継続的質改善(CQI)活動と背景要因に関する研究報告書.看護学教育研究共同利用拠点 千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター,2017.

研究状況

政策・教育開発研究部では,看護職者の役割の拡大や看護職者に寄せられる社会的ニーズにより効果的に応えるための政策研究や,看護基礎教育と連動させた看護職者の生涯にわたる教育・人材・キャリア開発のための研究を行っている.

和住は,看護実践研究指導センターが特別経費により平成27年度まで実施した「看護学教育におけるFDマザーマップの開発と大学間共同活用の促進」プロジェクトにおいて開発した「看護学教育におけるFDマザーマップ」の開発過程を,原著論文にまとめ発表するとともに,当該プロジェクトにおいて開発したFDコンテンツを公表した(1,19).また,看護実践研究指導センターが特別経費により平成28年度より取り組んでいる「看護学教育の継続的質改善(CQI:Continuous Quality Improvement)モデル開発と活用促進プロジェクト」及び「文部科学省 大学における医療人養成の在り方に関する調査研究受託事業 看護師等の卒業時到達目標等に関する調査・研究 学士課程における看護実践能力と卒業時到達目標の達成状況の検証・評価方法の開発」の両事業に中核的にかかわり,その研究成果を発表した(13,14,15,20,23)

さらに,自身が研究代表者を務める科学研究費補助金(基盤研究(B))「看護職の生涯にわたるキャリア発達を支援する体系的研修プログラムの構築」を進めつつ,同時並行で看護高等教育政策に関する研究を進め,その成果を学会発表した(4,6,12)。この他,和住は,現場の看護師らと共に,看護実践上の課題を解明し解決するための看護実践研究を重ねている(16).

錢は,研究代表者として,平成25-27年度に実施した科学研究費補助金(基盤研究(C))「看護学生の「生活パターンと自覚症状の関係チャート」及び生活改善プロトコ-ルの開発」の研究成果として異なった大学間の対象者について、地域性の特徴を含める比較分析を国際学会で発表した(2).同じ学会において、平成25-28年度に実施した科学研究費補助金(基盤研究(C))の研究分担者として、「高度先進医療施設における東洋医学系統の診療科における外来看護の構築」の研究成果を発表した(3)。他の科学研究費の研究分担者として,学生の実践事例から統合実習における看護実践能力と評価基準について、日本看護学教育学会において、各大学の研究担当者と研究成果の発表を行った(8,9,10,11).同学会にて、もう一つの科学研究費の研究テーマ「自己の看護実践体験に対する看護学生のリフレクションの特徴」も発表した。また、エンドオブライフにおける文化的ケア-文化看護学会第8回学術集会 分科会Iにおいて、台湾国立成功大学の実践の現状及び地域とのネトワークシステムについて発表を行った (5).

今村は, 平成29年度はスピリチュアリティ国際共同研究を継続すると同時に「我が国の国際保健・看護コンピテンシー教育に関する調査研究」(科学研究助成〔基盤研究C〕,平成26~29年度, 研究代表者 今村恵美子)のデータ分析を完了し、日本看護学教育学会において研究成果の発表を行った(17).この他米国国際学会での発表が内諾され、2018年3月に研究成果を国外の研究者へ広く公表する予定である。