健康管理看護学

|研究室一覧|教育・研究|

地域集団を対象として、住民の健康問題を生活環境との関連で解明することを目的に研究に取り組んでいます。地域全体を把握することは、保健サービスを効率的・効果的に提供するために重要であり、保健管理学的な視点を大切にしています。生活環境の把握については、環境科学の方法を導入して健康問題との関連を追究し、保健サービスの評価については、情報科学の技法を用いて分析し、データーベース化することを目指しています。
現状における研究としては、生活習慣病を中心とした健康現象についてのリスク要因の解明・管理方法の検討、QOL評価指標の開発、高齢者ケアの質や評価、労働者の健康管理方法、地域保健医療情報システム、健康診断の有効性評価、地域診断システム等であり、地域と職域を一体ととらえた総合的な地域保健・福祉・医療の連携に関する基本的事項の検討を行っています。

研究業績

原著

2017年1月~3月

  1. Fujita J, Fukui S, Ikezaki S, Otoguro C, Tsujimura M: Analysis of team types based on collaborative relationships among doctors, home-visiting nurses and care managers for effective support of patients in end-of-life home care. Geriatrics & Gerontology International, 17(11), 1943‐50, 2017.
  2. 杉田由加里, 井出成美, 石川麻衣, 池崎澄江, 中山健夫: 自治体の特定保健指導における特定健康診査質問票の活用状況. 千葉看会誌, 39, 27‐34, 2017.
  3. 和住淑子,野地有子,黒田久美子,錢淑君,鈴木友子,北池正,吉本照子:看護学教育におけるFDマザーマップの開発.千大看紀要,(39),21‐26,2017.

学会発表抄録

2017年1月~3月

  1. 野地有子,野崎章子,望月由紀,北池正,溝部昌子,菅田勝也:我が国の看護職のカルチュラル・コンピテンス能力開発領域に関する研究~テキストマイニング分析から~.第7回日本看護評価学会,東京,2017.
  2. Lu L, Ikezaki S, Kitaike T, Li X, Wang A, Fan L: Relationship between professional autonomy and nursing research activities of mid-level nurses in China. 20th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS), Hong Kong, 2017.

2017年4月~12月

  1. 路璐, 北池正, 池崎澄江: 千葉県内病院における看護研究活動の現状に関する調査. 第43回日看研会学術集会抄録集, 40(3), 149, 2017.
  2. 池崎澄江, 谷本真理子, 須藤麻衣, 川口 裕子, 芥田ゆみ:一般病院の臨床看護師におけるエンドオブライフケア実践の実態調査(第1報) 患者・家族とのコミュニケーションに着目して. 第22回日本緩和医療学会学術大会抄録集, S470, 2017.
  3. 谷本真理子, 池崎澄江, 須藤麻衣, 川口 裕子, 芥田ゆみ: 一般病院臨床看護師のエンドオブライフケア実践の実態調査(第2報) 看護師が認識するケアの課題. 第22回日本緩和医療学会学術大会抄録集, S470, 2017.
  4. 藤田淳子, 乙黒千鶴, 福井小紀子, 岩原由香, 池田良輔子, 池崎澄江, 辻村真由子: 地域終末期ケアを支える医療介護連携マニュアルの有効性(第1報) 終末期の医療介護連携マニュアルの作成. 第19回日本在宅医学会大会, 134, 2017.
  5. 辻村真由子, 福井小紀子, 藤田淳子, 乙黒千鶴, 岩原由香, 池田良輔子, 池崎澄江: 地域終末期ケアを支える医療介護連携マニュアルの有効性(第2報) 連携マニュアル使用前の終末期ケアにおける多職種連携の理解・認識と行動. 第19回日本在宅医学会大会, 134, 2017.
  6. 福井小紀子, 藤田淳子, 乙黒千鶴, 池崎澄江, 辻村真由子, 岩原由香, 池田良輔子: 地域終末期ケアを支える医療介護連携マニュアルの有効性(第3報) 終末期の医療介護連携マニュアルの作成. 第19回日本在宅医学会大会, 123, 2017.
  7. 池崎澄江, 伊藤弘人, 伊藤道哉, 千葉宏毅, 岡田美保子, 折井孝男, 加藤多津子, 根東 義明, 相馬孝博, 副島秀久, 山下哲郎, 山本光昭, 前田光哉, 日本医療病院管理学会学術情報委員会: 日本医療・病院管理学会 重点用語事典(2017)の作成 学術情報委員会活動報告. 第55回日本医療・病院管理学会学術総会抄録集54S, 129, 2017.
  8. Kieko Iida, Sumie Ikezaki, Mayuko Tsujimura, Mariko Masujima: Frailty and End-of-Life care for community-dwelling older people in Japan. 3rd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Korea, 95, 2017.
  9. 路璐, 北池正,池崎澄江,姫野雄太: 千葉県内病院における中堅看護師の看護研究指導に関する調査. 第37回日看科会学術集会, 仙台, 2017.

単行書

2016年4月~12月

  1. 池崎澄江:エンドオブライフケアを支える日本の医療制度. 長江弘子(編集), 「生きる」を考える, 日本看護協会出版会, 168-185, 2017.

総説・短報・実践報告・資料・その他

2017年1月~3月

  1. Sumie Ikezaki: End-of-Life Care in Japan: Current Situation and Future Agenda. The 2nd International End-of-life Care Symposium, 35-59, 2017.

2017年1月~12月

  1. 千葉大学大学院看護学研究科 健康管理看護学, 公益社団法人 千葉県看護協会千葉県看護協会:千葉県内病院における看護研究活動の現状に関する調査研究報告書, 2017年10月.

研究状況

領域としては、看護研究活動と専門職的自律性との関連(5)や中堅看護師の院内看護研究指導を支援すること(6, 14)に取り組んでいる。
池崎は、在宅や(1, 9‐11)や高齢者施設(13, 16)のエンドオブライフケアに関する研究に取り組んでいる。