岩田 裕子

|教員一覧|教育・研究|
写真は公開しておりません
氏名 岩田 裕子(いわたひろこ)
職名 准教授
学位 博士(看護学)
資格 看護師、助産師、保健師
所属研究室 生活創成看護学講座 健康増進看護学教育研究分野
リプロダクティブヘルス看護学
部屋番号 415
E-mail iwthiroko@faculty.chiba-u.jp
※メール送信時は@を半角にしてください。
担当科目学部 母性看護学概論,母性看護方法,母性の健康障害と看護,看護基本技術III,母性・小児看護コア実習,統合実習,助産概論,助産診断学,助産ケア学I・II・III,助産業務管理,助産実習I・II,看護実践と研究II(卒業研究)
大学院 母性看護学I・II,看護学演習IA・IB,看護学演習II・III,特別研究,生活創成看護学特論II,特別演習
研究テーマ
  • 父親役割・父性
  • 産後うつ
  • 高年初産婦の子育て支援
研究業績
  • Iwata H, Mori E, Maehara K, Sakajo A, Aoki K, Tamakoshi K. Shoulder stiffness, back pain, and wrist pain: Are older primiparas more vulnerable? International Journal of Nursing Practice, 24(S1), 2018; e12654. https://doi.org/10.1111/ijn.12654
  • Iwata H, Mori E, Sakajo A, Aoki K, Maehara K, Tamakoshi K. Course of maternal fatigue and its associated factors during the first six months postpartum: A prospective cohort study, Nursing Open, 2018;00:1-11. https://doi.org/10.1002/nop2.130
  • 岩田裕子,森恵美,坂上明子,前原邦江,森田亜希子,青木恭子,玉腰浩司.褥婦が有する身体症状の産後6か月間の推移.母性衛生,58(4),567-574,2018.
所属学会 日本母性衛生学会,日本助産学会,日本看護科学学会,日本母性看護学会,
千葉看護学会,Sigma Theta Tau International, Honor Society of Nursing,
The Transcultural Nursing Society
受賞歴 平成28年度日本母性衛生学会学術論文優秀賞(平成28年受賞)
(共同研究・筆頭者:森恵美)
出身高等学校 熊本県立第一高等学校
メッセージ 母性と父性に興味を持って研究を続けてきました。エビデンスに基づいた看護ケアの実践を目指していきたいと思います。