増島 麻里子

|教員一覧|教育・研究|
増島 麻里子
氏名 増島 麻里子(ますじままりこ)
職名 准教授
学位 博士(看護学)
所属研究室 専門領域(成人看護学)(内線:5736)
部屋番号 333(総合教育研究棟3階)
E-mail marikomj@faculty.chiba-u.jp
※メール送信時は@を半角にしてください。
担当科目学部 看護基本技術II(療養援助),成人看護学概論,成人看護方法,
成人・老人看護コア実習,成人看護統合実習,看護実践と研究II(卒業研究),
エンド・オブ・ライフケア看護実践論,専門職連携I,看護学セミナー(統合)
大学院 成人看護学I,成人看護学II,看護学演習,特別研究,看護学実習(CNS),
エンド・オブ・ライフケア看護学,Issues and Trends in Nursing,
先端実践看護学特論III
研究テーマ
  • エンドオブライフケアおよびアドバンスケアプランニングに関する研究
  • がん治療に続発するリンパ浮腫に対する看護に関する研究
  • がん患者と家族へのサポートグループに関する研究
研究業績
  • Mariko Masujima, Miyuki Ishibashi, Naho Sato, Miwa Watanabe, Takeshi Umezawa, Sumie Ikezaki:Assessing the usability of a web-based end of life care education for adults in Japan,The 11th International Conference Innovative Nursing Care & Technology,135, 2016.
  • 増島麻里子,佐藤まゆみ,岡本明美,泰圓澄洋子,吉田千文,阿部恭子,長坂育代,土屋雅子, 渡邉美和, 楠潤子:乳がん術後患者のためのサポートグループプログラム「ほっとカフェ」の効果-プログラム構成に着眼した参加者の体験分析-,千葉看護学会誌,20(2),41-49,2015
  • 増島麻里子,佐藤禮子:乳がん術後にリンパ浮腫を発現した患者のリンパ浮腫に対する捉え方と対処行動,千葉看護学会会誌,14,1,17-25,2008.
所属学会 日本がん看護学会(理事,専任査読者),日本看護科学学会(代議員,専任査読者),
千葉看護学会(専任査読者),ホスピスケア研究会(理事),
エンドオブライフケア研究会(世話人代表),国際リンパ浮腫フレームワーク・
ジャパン研究協議会(理事),日本リンパ浮腫学会(理事),
日本リンパ浮腫治療学会(理事),日本緩和医療学会,日本乳癌学会
受賞歴
  • Award of the Excellent Poster,The 11th International Conference Innovative Nursing Care & Technology(平成28年11月2日受賞)
  • 千葉看護学会研究論文表彰受賞(平成27年9月12日受賞)
  • 平成26年度 科学研究費審査委員表彰(平成26年10月31日受賞)(日本学術振興会)
出身高等学校 東京都立国立高等学校
メッセージ 現在、エンドオブライフケアに関わる教育研究活動や乳がん体験者のサポートグループ運営に取り組んでいます。これらの活動を通して、病気の診断期から終末期における患者および家族への看護を探究し、実践で活用される教育研究を目指しています。