中村 伸枝

|教員一覧|教育・研究|
中村 伸枝
氏名 中村 伸枝(なかむらのぶえ)
職名 教授
学位 博士(看護学)
所属研究室 先端実践看護学講座 高度実践看護学教育研究分野
(小児看護学領域)(内線番号:5725)
部屋番号 425(総合教育研究棟4階)
E-mail nnobu@faculty.chiba-u.jp
※メール送信時は@を半角にしてください。
担当科目学部 小児看護学概論、小児看護方法、小児の健康障害と看護、
看護基本技術III(成長発達アセスメントと援助技術)、発達障害看護学、
母性・小児看護コア実習、小児看護統合実習、看護実践と研究II、専門職連携I、
看護学セミナーII(統合)、教養展開科目(生きるを考える)
大学院 小児看護学I・II、ナーシングフィジカルアセスメント、
看護学演習I・IA・IB(小児看護学)、看護学演習II(小児看護学)、
看護学演習看護学演習III(小児看護学)、看護学実習(小児看護学)、特別研究、
先端実践看護学特論II、先端実践看護学特別演習(小児看護学)、
先端実践看護学特別研究(小児看護学)、CNS研修
研究テーマ
  • 小児糖尿病をもつ子どもと家族の看護
  • 専門看護師の教育に関する研究
  • 小学生から高校生のQOL
研究業績
  • 中村伸枝,金丸友,出野慶子,谷洋江,白畑範子,内海加奈子,仲井あや,佐藤奈保,兼松百合子:1型糖尿病をもつ10代の小児/青年の糖尿病セルフケアの枠組みの構築-診断時からの体験の積み重ねに焦点をあてて-.千葉看護学会会誌,20(2),1-10,2015
  • 中村伸枝,出野慶子,金丸友,谷洋江,白畑範子,内海加奈子,仲井あや,佐藤奈保,兼松百合子:1型糖尿病をもつ幼児期・小学校低学年の子どもの療養行動の習得に向けた体験の積み重ねの枠組み-国内外の先行研究からの知見の統合-.千葉看護学会会誌,18(1),1-9,2012.
  • Nobue NAKAMURA, Nozomu SASAKI, Kaichi KIDA, Nobuo MATSUURA: Health-related and diabetes-related quality of life in Japanese children and adolescents with type 1 and type 2 diabetes. Pediatric international, 52(2), 224-229, 2010.
所属学会 千葉看護学会(編集委員長)、文化看護学会(理事長)、日本糖尿病教育・看護学会(評議員)、
日本小児看護学会、日本看護科学学会、小児保健学会、日本家族看護学会
受賞歴
  • 第8回糖尿病療養指導鈴木万平賞(2015年10月20日受賞)
出身高等学校 千葉県立東葛飾高等学校
メッセージ 小児糖尿病をもつ子どもと家族への看護を中心に多職種の方々と協働しながら活動や研究に取り組んでいます。医療を取り巻く状況が大きく変化する今日、新しい看護を創造していく皆さんと学び続けたいと思います。