中山 登志子

|教員一覧|教育・研究|
中山 登志子
氏名 中山 登志子(なかやまとしこ)
職名 教授
学位 博士(看護学)
所属研究室 専門領域(看護教育学)(内線番号:5690)
部屋番号 445号室
E-mail nakayamat@faculty.chiba-u.jp
※メール送信時は@を半角にしてください。
担当科目学部 看護教育学、看護教育学演習(問題解決過程)、看護実践と研究I〜IV、
人間学I、医療・看護の歴史
大学院 [博士前期課程] 看護教育学I、看護教育学II、
 看護学演習IA・IB・II・III(看護教育学)、特別研究(看護教育学)
[博士後期課程] 文化創成看護学特論II、文化創成看護学特別演習、文化創成看護学特別研究
研究テーマ
  1. 修士論文指導に携わる教員の研究指導経験の概念化
  2. 看護系大学院修士課程の授業評価スケールの開発
  3. 博士論文作成過程の学生の経験の概念化
  4. 看護実践・教育に活用可能な看護職者のための自己評価尺度の開発
  5. 看護学実習における教授活動・学習活動
  6. 実習指導者の学習ニード・教育ニードの解明、問題診断尺度の開発
  7. 助産師の学習ニード・教育ニードの解明
研究業績
  • 中山登志子、舟島なをみ 他:「大学院看護学研究科博士後期課程に在籍する学生の博士論文作成過程の経験」.千葉看護学会会誌,21(1),33-42,2015
  • 中山登志子、舟島なをみ:「教育ニードアセスメントツール-実習指導者用-」の開発-実習指導者の役割遂行を支援する看護継続教育の実現に向けて-.日本看護研究学会雑誌,38(1),73-83,2015
  • 中山登志子、舟島なをみ:「学習ニードアセスメントツール-実習指導者用-」の開発-実習指導者の学習ニードを反映した看護継続教育の提供-.日本看護管理学会誌,18(1),17-26,2014
  • 中山登志子、舟島なをみ他:院内研究に関する研究ー看護職者が直面する研究遂行上の困難とその克服法ー.看護教育学研究,23(1),17-32,2014
  • 中山登志子、舟島なをみ:「学習ニードアセスメントツール-助産師用-」の開発-
    助産師のキャリア発達に向けた看護継続教育の提供-.日本看護研究学会雑誌、34(5)、1-10、2011.
  • 中山登志子、舟島なをみ:「教育ニードアセスメントツール-助産師用-」の開発.
    看護教育学研究、20(1)、8-18、2011.
  • 中山登志子、舟島なをみ:「看護学生のための学習活動自己評価尺度-看護学実習用-」の開発.日本看護学教育学会誌、18(1)、1-10、2008.
  • 中山登志子、定廣和香子、舟島なをみ:看護学実習カンファレンスにおける教授活動.看護教育学研究、12(1)、1-14、2003.
所属学会 日本看護教育学学会、日本看護学教育学会、日本看護科学学会、
日本看護研究学会(評議員)、千葉看護学会(評議員)、
Sigma Theta Tau International Honor Society of Nursing、
King International Nursing Group
出身高等学校 広島県立福山誠之館高等学校
メッセージ 看護教育学は、ありのままの現実から本質を取り出し、それに基づく看護実践や看護学教育を重要視するとともに、先人の知見から最大限に学び、これを基盤にした活用可能な研究成果の産出を目ざしています。このような理念に基づき、看護教育学は、看護基礎教育、看護卒後教育、看護継続教育の3領域にわたり研究活動を展開しています。