酒井 郁子

|教員一覧|教育・研究|
酒井 郁子
氏名 酒井 郁子(さかいいくこ)
職名 教授
学位 博士(保健学)
所属研究室 ケア施設看護システム管理学(内線番号:5893)
部屋番号 185
E-mail ikusakai@faculty.chiba-u.jp
※メール送信時は@を半角にしてください。
担当科目学部 専門職連携I、専門職連携II、専門職連携III、専門職連携IV、看護倫理、老人看護実践論
大学院 [博士前期課程] 看護管理学II、看護実践方法論I
[博士後期課程] 基礎看護学特論IV、基礎看護学特別演習、基礎看護学特別研究、継続教育研究方法論
[修士課程] ケア施設看護システム管理学特論I、ケア施設看護システム管理学特論II、
ケア施設看護システム管理学演習、ケア施設看護システム管理学課題研究、マネジメント実践論I、マネジメント実践論II、看護経営管理論 選択 1単位
研究テーマ
  • 回復期リハビリテーション病棟における高齢者ケアEBP実装システムの開発
  • 急性期病院におけるせん妄ケアのシステム化
  • 長期ケア施設における人材開発および専門職連携教育/実践
研究業績
  • 酒井郁子,湯浅美千代,島田広美,末永由理,遠藤淑美,綿貫成明,杉田由加里,山本雅子,染谷さち代,広瀬穂積,吉本照子,周宇:脳卒中患者の自我発達を促進する看護援助理論を用いた看護師学習プログラムの開発と評価,文化看護学会誌,2( 1),27-39,2010.
  • 飯田貴映子、酒井郁子:高齢者長期ケア施設における外国人看護職・介護職の就労の現状と課題,文化看護学会誌4(1),3-12、2012.
  • Yamamoto T,Sakai I, Takahashi Y,Maeda T,Kunii Y and Kurokochi K:Development of a new measurement scale for interprofessional collaborative competency: a pilot study in Japan. Journal of Interprofessional Care: 1-7,2013
所属学会 千葉看護学会(理事長)、日本老年看護学会(理事・編集委員長)、
日本看護科学学会(理事)日本保健医療福祉連携教育学会(理事)、
日本看護学教育学会(評議員)、文化看護学会(編集委員)、日本看護管理学会、
日本認知症ケア学会、日本リハビリテーション医学会、日本医学教育学会、
国際リハビリテーション看護研究会
出身高等学校 青森県立八戸高等学校
メッセージ 長期ケア施設の看護システム管理の大学院コースは日本でも初めての試みです。リハビリテーション施設、療養型病床、老健、特養、グループホームなどのケアの質の改善や組織の変革を目指した取り組みを学びたい看護管理者のみなさま、メールにてご連絡ください。