和住 淑子

|教員一覧|教育・研究|
和住 淑子
氏名 和住 淑子(わずみよしこ)
職名 教授
学位 博士(看護学)
所属研究室 政策・教育開発研究部(内線番号:5821)
部屋番号 173
E-mail wazumi@faculty.chiba-u.jp
※メール送信時は@を半角にしてください。
担当科目学部 看護行政・政策、看護倫理、卒業研究
大学院 継続教育・政策管理学特論I・II、継続教育・政策管理学演習、
継続教育・政策管理学課題研究、マネジメント実践論I・II、看護政策論、
看護実践方法論I、看護実践方法論II、理論看護学Ⅰ、
Theoretical Base for Nursing Education
研究テーマ
  • 看護教育政策・看護教育方法の開発に関する研究
  • 看護学固有の研究方法論に関する研究
  • 看護理論の形成過程に関する研究
研究業績
  • Wazumi Y et al : "Analogy" as methodology in solving modern day problems by learning from F.Nightingale's work. 28th International Nursing Research Congress.STTI.2017.
    http://www.nursinglibrary.org/vhl/bitstream/10755/622332/2/Wazumi_84867_Info.pdf
  • 和住淑子他:新人看護師教育担当者育成モデルプログラムの開発と試行,千葉大学大学院看護学研究科紀要,34,45-50,2012.
  • 和住淑子他:看護学教育におけるFDマザーマップの開発,千葉大学大学院看護学研究科紀要,39,21-26,2017
所属学会 日本看護科学学会、ナイチンゲール研究学会(副会長)、日本看護管理学会(評議員)、
千葉看護学会、日本看護学教育学会、日本看護歴史学会、
日本救急看護学会、日本クリティカルケア看護学会、看護科学研究学会
受賞歴
  • 17th East Asian Forum of Nursing Scholars, Best Poster Award (Professional Category),2014年2月21日
  • 第19回日本緩和医療学会学術大会 ポスター発表 優秀演題,2014年6月21日受賞(共同研究・筆頭者:菊地三枝子)
出身高等学校 千葉県立千葉東高等学校
メッセージ 個々の看護職者が、看護の専門性を発揮しつつ組織に貢献していくことができるような教育体制づくり、政策形成過程について、実践と研究を重ねています。課題を共有できる全国の看護職者、看護教員と積極的に連携したいと考えています。