アドミッションポリシー

|大学院看護学研究科入学希望の方へ|入試案内|

看護学専攻

看護実践の諸活動に科学的根拠を与える基礎的理論とその応用を体系的に教授・研究し、人々の健康と安寧な生活を守る看護支援方法の研究・開発を自立して推進できるナース・サイエンティストの育成を目標とします。充分な学力を基盤とし、全人的視野に立ち、看護学を学的基盤にした実践・研究への志向性の高い学生を求めています。

看護システム管理学専攻

学修に強い意欲を持ち、修了までの期間、所属機関から学業と実践を両立することを認められた現役の看護管理者(職位にかかわらず、職場の問題をテーマに修士研究を行う事ができる立場で、所属施設の長または管理責任者から推薦された者)を求めます。

共同災害看護学専攻

共同災害看護学専攻は、災害看護に関するローカルならびにグローバルな課題に的確に対応し解決できる高度な実践能力および研究能力、学際的・国際的な指導力の修得を目指しています。このような観点から、災害看護グローバルリーダーとしてのビジョンを持ち、災害看護の専門性に根ざした課題の探究、学際的・国際的な枠組を用いた問題解決の方法論の修得、変革に向けた提案の推進に対して、意欲的に取り組む人の入学を求めています。