がんプロフェッショナル養成プラン

|中期目標・中期計画および大学評価について|概要|

がんプロフェッショナル養成プラン中間評価

平成19年度に選定された18大学群(本学は筑波大学、埼玉医科大学、茨城県立医療大学が連携大学として共同申請)において、1位の総合評価を得ました。

腫瘍に関する講座やチーム医療に関する取組等が他のプログラムの模範となるような先駆的な取組として評価されています。

注)がんプロフェッショナル養成プランについて

文部科学省が平成19年度より開始した、がん医療の担い手となる高度な知識・技術を持つがん専門医療人(医師、看護師、薬剤師等)の養成を図る大学の取組に対する支援を行う事業のことです。専門家や有識者により、事業開始後2事業年度経過後に中間評価を実施することになっています。