カリキュラム

|学部|

看護学部のカリキュラムの構成と特徴

本学科の4年間のカリキュラムは、看護学の基礎を教授するという観点から、次のように授業科目を体系的に整えています。
看護学の専門分野を紹介・導入し博士課程への準備を整えるための専門科目と、これからの基礎となる専門基礎科目とから構成される「専門教育科目」をおいています。さらに、看護専門職に不可欠な、深い人間理解につながる能力、広い視野を持つ判断能力、科学的問題解決能力ならびにこれらの学習を支える基礎学力の育成のために、「普遍教育科目」をおいています。
なお、本学科は、推薦入試入学生、社会人入試入学生、私費外国人留学生、3年次編入学生、科目等履修生などを受け入れています。

履修基準と履修方法

必修科目:必ず履修すべき科目です。
選択科目:一定の教育目的をもつ科目群の中から選択して履修すべき科目です。
自由科目:学生が自由に履修する専門教育科目です。

卒業に必要な単位は124単位で、普遍教育科目26単位、専門教育科目98単位です。

各科目単位数

卒業要件に示された必修並びに選択の専門教育科目は、看護職のジェネラリストとして、また将来、看護研究者、看護教育者のリーダーとして活躍するための基礎となる教育内容を精選し、教育的に工夫されたカリキュラムとして構成されたものであり、きわめてエッセンシャルなものです。この専門教育科目ならびに普遍教育科目について、卒業要件として示された、卒業に必要な単位を取得すれば、看護師と保健師の国家試験受験資格が得られます。
学生は、各科目の教育目的を理解し、授業内容(シラバス)によって各授業科目の目標、授業計画を理解し、授業に主体的に参加し、学習することが大切となります。
専門教育科目には、各看護学の専門性を深めるために自由科目が準備されています。この中には、助産師の国家試験受験資格を取得するための科目も含まれています。学生は一人一人の将来計画や学問的興味に応じて積極的に自由科目を履修することが勧められます。
また看護学部で提供する科目の受講を希望する人びとのために、科目等履修という制度があります。看護学部カリキュラムのなかに、科目等履修生が受講できる科目が定められています。

GPA(科目成績平均値;GradePointAverage)の算出と活用

千葉大学では、平成16年度からGPAを導入しています。看護学部では学業優秀表彰者の選抜や、授業料免除などの就学援助の対象者などを決定するとき、公平性を期すためこのGPAを活用しています。また、ひとりひとりの学生に合ったきめ細かな学修支援をするために活用しています。
GPAの算出方法は次のとおりです。

4.0×秀(S)の修得単位数+3.0×優(A)の修得単位数+2.0×良(B)の修得単位数+1.0×可(C)の修得単位数
総履修登録単位数(「不可(F)」の単位数を含む。)

なお、「放送大学等他大学で取得した単位互換科目」「認定科目」及び「看護学部が卒業要件としている普遍教育科目及び専門科目以外の履修科目」は、このGPAの算出から除外されます。

3年次進級要件

3年次に進級するためには、次の普遍教育科目と専門教育科目の単位数を修得しているか、または修得見込みであることが必要です。

普遍教育科目

英語4単位、情報リテラシー科目2単位、スポーツ・健康科目1単位、教養コア科目6単位、教養展開科目6単位の計19単位 *外国人留学生は、日本語4単位、情報リテラシー科目2単位、スポーツ・健康科目1単位、教養コア科目6単位、教養展開科目2単位、日本事情4単位の計19単位

専門教育科目

以下に示す専門基礎科目及び専門科目の計38単位で、こちらは外国人留学生も同様です。

  1. 専門基礎科目のうち次の必修科目30単位
    形態機能学I、形態機能学II、形態機能学実習、代謝栄養学、薬理学、病態学I、病態学実習I、病態学II、病態学実習II、人間学I、人間学II、人間学III、保健学I、保健学II、保健情報学、保健医療福祉制度論、医療・看護の歴史、専門職連携I、専門職連携II
  2. 専門科目のうち次の必修科目8単位
    看護学原論I、看護学原論II、看護基本技術I、看護基本技術II

看護実習の履修条件

看護実習は、看護の視点から系統的に人間をとらえ、看護過程の展開を実地に体験し、看護実践の能力と態度を養う大切な授業です。看護の現場に行き、そこで実際に看護を行いますので、看護をするために必要な知識と技術を身につけていることと、行った看護を自己評価し、より良い看護をめざして看護を変えていく力が必要です。そのため看護実習ごとに履修条件を定めています。詳細は履修案内をみてください。

卒業研究

看護学部における学習の集大成として、学生各自が研究課題を見出し、その課題に関連深い専門分野の教員の指導のもとに研究を行います。この学習を通して看護学研究への関心を深め、看護研究の基礎的技術を修得するとともに、看護学の成り立ちとその特徴を一層深く理解することが目的です。
「看護実践と研究I」(3年次後期セメスター)では、看護研究に関わる基礎的知識ならびに看護実践の問題解決のために研究成果を活用する方法について、専門基礎分野と専門分野から複数の教員が参加して講義を行います。実験研究、調査研究、量的研究、質的研究の方法の基礎知識を学びます。
「看護実践と研究II」(4年次後期セメスター)では、ひとりひとりの問題意識を吟味したうえで、研究課題の確定から研究計画書作成、計画書に沿った研究の実施、報告書の作成といった一連の研究プロセスを経験します。「看護実践と研究II」のオリエンテーションは、各教育研究分野のセミナーなどをとおして行われます。

外国人留学生の履修要項

外国人留学生は、普遍教育科目として、日本語4~6単位、英語2~4単位(英語が母国語の場合は、英語以外から履修)、情報リテラシー科目2単位、スポーツ・健康科目1~2単位、教養コア科目6単位、教養展開科目4~5単位、日本事情4単位を履修する必要があります。専門教育科目の履修要件は、日本人学生と同様です。

3年次編入学生履修要領

編入学教育は、短期大学の看護学科及び専修学校(看護師になるために必要な専門課程)の出身者に対して行っています。この教育の目的は、短期大学・専修学校における学習を基に、看護学部看護学科の教育理念と教育目標にのっとった学習を重ねることにあります。
編入学生は、編入学生のための履修要領に基づいて計画的に履修するとともに、短期大学・専修学校での学習状況を自己評価し、各科目について自らの達成状況を把握したうえで、積極的に幅広い学習を心がけることが重要です。

看護学部看護学科カリキュラムの新しい試み

平成17年から、看護技術や看護実習の学習記録をひとつにまとめ、4年間全体をとおしての看護実践能力の発展を自分で把握するためのポートフォリオを導入しました。新入生ガイダンスでオリエンテーションを受け、その後の看護技術や実習での学習に活用し、「看護学セミナー(統合)」(4年次後期セメスター)でまとめをします。このまとめをとおして、看護専門職としてのスタート地点を確認することができるようになります。

平成19年から、医学部・看護学部・薬学部の医療系3学部が合同で提供する専門職連携教育〔InterProfessionalEducation:通称亥鼻IPE〕の講義・演習・実習を開始しました。この授業は、医学部と看護学部と薬学部の学生が一堂に会し、時には小さなグループを作って共に活動し、この学習体験をとおして患者中心の医療・福祉を実現するための専門職連携能力の基礎を身につけてもらうことをめざしています。

平成17年から、学生による授業評価を始めました。看護学部の教員は、学生が看護学に対して知的好奇心を旺盛に発揮し、主体的に学習にとりくむことを願いつつ、授業をしています。学生のみなさんは授業をどのように受けとめているのかたずね、授業を改善するための参考にします。