災害時の研修開催判断基準

自然災害・事故及び交通機関のストライキ等に伴う研修開催について

■災害時等の研修の開催については、<6:30まで>にHP上の緊急告知を掲載します。

※判断基準は、下記を目安といたします。必ずHPを確認の上、安全第一でご参加ください。

  1. 自然災害・事故及び交通機関のストライキ等に伴い、研修会場の最寄駅※を運行する全線の列車が運行停止となった場合。
    • 午前6時30分までに運行しない場合は、午前中の研修を中止とする。
    • 午前10時までに運行しない場合は、午後の研修を中止とする。
  2. 台風等により、気象庁から研修会場の所在地域に「暴風警報」(以下「警報」という。)が発令された場合。
    • 午前6時30分までに警報が解除されない場合は、午前中の研修を中止とする。
    • 午前10時までに警報が解除されない場合は、午後の研修を中止とする。
    • 研修の開始後、警報が発令された場合は、当日のその後に開始する研修を中止とする。
  3. その他の事由により来学及び帰宅が困難と判断される場合は、センターで判断し、速やかにHP上でお知らせします。

※1及び3の最寄駅は、「西千葉地区...(JR)西千葉駅及(京成)みどり台駅」、
 「亥鼻地区...(JR)千葉駅及び(京成)京成千葉駅」とする。