小宮山 政敏

|教員一覧|教育・研究|
小宮山 政敏
氏名 小宮山 政敏(こみやま まさとし)
職名 教授
学位 博士(医学)
資格 獣医師
所属研究室 生活創成看護学講座,健康増進看護学教育研究分野,
生体看護学専門領域(内線番号:5695)
部屋番号 生体看護学教授室(管理棟6階:603)
E-mail mkomi@faculty.chiba-u.jp
※メール送信時は@を半角にしてください。
担当科目学部 形態機能学I(人体構造学),代謝栄養学I(生化学),代謝栄養学II(栄養学),
形態機能学実習,薬理学,看護実践と研究III・IV
大学院 生体看護学I,Academic Communication III,看護学演習I~IV(生体看護学),
特別研究(生体看護学),臨床薬理学,肉眼解剖学特論,
生活創成看護学特論I(生体看護学),生活創成看護学特別演習(生体看護学),
生活創成看護学特別研究(生体看護学),機能・代謝学研究方法特論,
Interdisciplinary Research Seminar
研究テーマ
  • 看護の視点からみた人体解剖学
  • 環境中の関学物質による人体への影響
  • 園芸療法
研究業績
  • 小宮山政敏、金 赫玲、宮宗秀伸、松野義晴、田中裕二:「肘窩における皮静脈と皮神経の位置関係―皮静脈穿刺に適する部位の検討」千葉大学大学院看護学研究科紀要 40, 1-8, 2018
  • Kase R, Amemiya A, Okonogi R, Yamakawa H, Sugawara H, Tanaka YL, Komiyama M, Mori T: Examination of the effect of suitable size of shoes under the second metatarsal head and width of shoes under the fifth metatarsal head for the prevention of callus formation in healthy young women. Sensors, 18 (10), 3269. 2018. (doi.org/10.3390/s18103269)
  • Sugata Y, Miyaso H, Odaka Y, Komiyama M, Sakamoto N, Mori C, Matsuno Y: Levels of formaldehyde vapor released from embarmed cadavers in each dissection stage. Emvironmental Science and Pollution Research, 23, 16176-16182, 2016
所属学会 日本解剖学会,日本看護科学学会,千葉看護学会,千葉医学会(評議員)
受賞歴
  • 松前スポーツ・文化賞奨励賞(1987年4月21日受賞)
  • なのはなベンチャー賞(教員版)(2002年3月5日受賞)
  • Award for Excellence to Authors Publishing in Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry in 2006 (2007年3月24日受賞)(共同研究、筆頭者:高島-佐々木杏佳)
出身高等学校 新潟県立長岡高等学校