諏訪 さゆり

|教員一覧|教育・研究|
諏訪 さゆり
氏名 諏訪 さゆり(すわさゆり)
職名 教授
学位 博士(保健学)
所属研究室 専門領域(訪問看護学)(内線番号:5785)
部屋番号 237
E-mail suwa-sayuri@faculty.chiba-u.jp
※メール送信時は@を半角にしてください。
担当科目学部 人間学II(家族と文化)、看護基本技術I(心身アセスメントと生活援助)、
訪問看護学概論、社会資源と看護マネジメント、訪問看護実習、看護統合実習、看護実践と研究II
大学院 [博士前期課程] 訪問看護学I、訪問看護学II、看護学演習I・II(訪問看護学)、特別研究
[博士後期課程] 地域看護学特論II、地域看護学特別演習(訪問看護学)、地域看護学特別研究
研究テーマ
  • 認知症ケアスキルの開発と普及
  • 在宅認知症高齢者の適切な薬物療法の支援体制の構築
  • 在宅ケアシステムにおける連携促進とICFの活用
研究業績
  • 諏訪 さゆり他:認知症高齢者の家族と医療機関との連携促進に関する研究,平成22年度独立行政法人福祉医療機構助成研究報告書,2011.
  • 諏訪 さゆり他著:認知症のケアとお薬のガイドブック,2011.
  • 諏訪 さゆり編著:ICFの視点に基づく施設・居宅ケアプラン事例展開集第2版,日総研出版,2007.
所属学会 日本老年看護学会(理事)、日本認知症ケア学会(理事、認知症ケア事例ジャーナル編集委員会委員長等)、日本看護科学学会、日本老年精神医学会(評議員)、日本生命倫理学会、日本在宅ケア学会(評議員)
出身高等学校 栃木県立足利女子高等学校
メッセージ 訪問看護だからできること!在宅ケアだからできること!がたくさんあります。利用者の自己実現を支えるために、訪問看護がどのような役割・機能を発揮できるのか、一緒に可能性を追求していきましょう。