オープンキャンパスの様子【前編】

|オープンキャンパス|看護学部入学希望の方へ|入試案内|

学部長挨拶・看護学部概要説明

看護学部長 中村 伸枝

中村 伸枝

今日は、暑い中ご参加いただき、ありがとうございます。

現在、千葉県内の看護系大学の数は18校と、全国の中でも多い県となっていますが、こうした中でも千葉大学看護学部のオープンキャンパスに来ていただき、ありがとうございます。
在学生も教員もたくさんのことをお伝えしたいと準備してきましたので、ぜひ校内を回ってみて、千葉大学看護学部について直に感じ取っていただければと思います。
キャンパス前の道路は拡張工事の最中であり、本日はご不便をおかけしましたが、来年春には通りやすくなっていると思います。

ようこそ!千葉大学看護学部へ

千葉大学看護学部がある亥鼻は、源頼朝を助けて鎌倉幕府成立の立役者となった千葉常胤の父・常重が1126年に居を構えた場所で、千葉市発祥の地と言われています。

キャンパスから見えるお城風の建物は、千葉市立郷土博物館です。その一帯にはソメイヨシノが100本植えられてあり、桜の名所としても有名なところです。亥鼻キャンパス内には牛頭天王を祀る七天王塚という塚が点在していて、秋になると各学部長や事務部の方々が集まって神主さんのお祓いの後、7つの塚をお参りする、文化的な行事があります。

千葉県は暮らしやすく自然環境にも恵まれ、東京に比べて物価や家賃も安く、安心感があるとよく言われます。このような環境からか、千葉県の死亡率は全国41位と低い方です。しかし、医師数は全国で41位、看護師数は45位、病院数が44位と少なく、特に都市部では人口あたりの病床数が不足しています。一方、郡部では医療施設は少ないですが人口も少ないため、人口あたりの病床数は多くなっていますが、医療施設まで遠く受診が困難です。このような現象は日本全国でみられ、千葉県は日本の縮図とも言われています。
看護は、対象となる一人一人に良いケアをして、幸せに暮らせるようにするという役割がありますが、地域の体制、経済といった大きなシステムにも目を向けていかないと解決できない問題もたくさんあります。看護学部では、このような大きな視点ももちながら学んでいただきたいと思います。

千葉大学看護学部の概要

看護学とは

看護の実践活動に理論的根拠と体系を与え、人々が健康かつ安寧な生活を送ることができるように、一人ひとりを尊重する立場から支援する方法を追究するのが看護学という学問です。

看護専門職とは、看護師、保健師、助産師を指し、看護学は実践活動に基づく、実践の科学といえます。

千葉大学看護学部の歴史

1975年に国立大学で唯一の看護学部として設立されました。その後、博士前期課程、博士後期課程、看護管理者のための看護システム管理学専攻、共同災害看護学専攻など、時代のニーズに合わせて発展してきました。

千葉大学看護学部・看護学研究科の特色

創立44周年、国立大学唯一の看護学部です。千葉大学は総合大学ですので、普遍科目では看護学に限らず幅広くの学問を学べること、他学部の学生と交流できるということも大きな特色となっています。また、亥鼻キャンパスは,医学部・薬学部・看護学部という医療系学部がまとまっていることが、専門職連携教育の始まる素地となりました。

看護師、保健師については、全学生が国家試験受験資格を得られるカリキュラムとなっています。助産師は選択制であり、多くの授業や実習が組まれています。近年、保健師のカリキュラム受講が選択制になっている大学も多いのですが、千葉大学では、看護専門職としてコミュニティや在宅ケアも含め、広く実践できる人を育てたいと考えています。

2019年3月現在、学部卒業生は3,488名、大学院修了生は1,147名となりました。大規模な卒業生ネットワークがあり、全国の看護系大学の60~70%に卒業生や修了生が教員として在職しています。

大学卒業後においても豊富なキャリアパスがあることも、千葉大学看護学部の大きな特長です。全国唯一の看護学教育の共同利用拠点である看護実践研究指導センターでは、臨床の看護職や看護系大学の教員をサポートしています。また、2015年には、専門職連携教育研究センターも設立しました。

千葉大学看護学部は看護研究において研究費獲得率が高く、社会のニーズに応える新領域の教育・研究を推進しているのも大きな特色です。

看護学の専門領域

病気の成り立ちを学ぶ病態学、身体の成り立ちを学ぶ生体看護学、健康管理学などが専門基礎領域としてベースになります。そして、ライフサイクルや対象の特性に応じた看護実践領域に基づく専門領域、さらに、これらを統合する看護管理、教育などの応用領域をおいています。

千葉大学看護学部の3つの目標

千葉大学看護学部では、底力宣言を出しており、以下の3つを目標にしています。

  1. つねにより高きものを目指す、ナースサイエンティストの育成
    教育研究者の育成、高度実践・管理者の育成、グローバルリーダーの育成を掲げています。
  2. フロントランナーとしての知の「創出・統合・発信」
  3. 個人、地域、日本、アジア、世界のそれぞれに力点をおいたパイオニアへ
教育理念

看護は人を対象としていますので、問題意識や創造力、そして倫理観、感受性、思考力のような色々な力をあわせもつ、調和の取れた人間性が基盤になります。この上に、看護を提供するための基礎的能力を育成していきます。

カリキュラム・入学から卒業までのプロセス

1年次、2年次には、主に普遍教育科目を履修します。そして専門基礎科目、専門科目へと進んでいき、最後に卒業研究をおこないます。実習についても、看護基盤実習から、各領域をローテーションする看護コア実習、そして最後に、学生自ら領域を選択して行う実習(統合実習)が組み立てられています。

特色ある授業

亥鼻IPEでは、医学部・薬学部・看護学部の学生が共に学びます。ステップ1では、工学部の学生も加わりますし、昨年度は、ステップ3に香港大学の学生さん3名も加わりました。これは全員必修の科目であり、1年次から積み上げていくところが世界的にみても、千葉大学の大きな特長となっています。今後はクリニカルIPEという、3学部合同で実習をおこなう動きも出てきています。

卒業後の進路状況

卒業後は、看護師になる人が約70%と最も多く、保健師が約15%、助産師は科目を選択した6名全員(約7%)です。看護師として臨床で働いた後に保健師になる人もいます。卒業してすぐ進学する人もいますがまだ多くはありません。卒業後すぐに進学して、教育・研究の力をつけてから臨床で働くなど、学生さんに合わせて多様な選択肢があってよいと考えています。

国家試験受験状況

平成30年度は、看護師と助産師の合格率は100%でした。保健師は100%ではありませんので、卒業後すぐに保健師として働かない人も、頑張って勉強をしていただきたいと思います。

卒業後の進路(キャリアアップ)

千葉大学看護学部を卒業してから多様なキャリアアップの道があります。教育者・研究者については、看護系の大学が毎年10校のペースで増えていますので、今後も教育・研究者の需要は高いと思います。

専門看護師や、一部の医療行為(特定行為)ができる看護師といった実践者のエキスパート、看護管理者、日本の保健医療や看護の高等教育を担う人など、様々なキャリアップの道がありますが、必要とされる高度な専門性を身につけるためには、大学院で学ぶことが必須です。

看護師の国家資格は、どの看護専門学校、看護系大学で学んでも、国家試験に合格することで同様に得る事ができます。千葉大学で看護学を学ぶということは、日本の看護をより良くしていくというミッションをもつと考えます。本日、オープンキャンパスに参加してくださった皆さんが、それぞれの夢や希望に沿って進学してくださること、日本の看護をより良くしていきたいという志をもって入学してくださることを願っています。

入学試験、学生生活に関する説明

入学者選抜委員長 中山 登志子

看護学部の求める入学者

中山 登志子

多様な人々との連携・協働の中で、看護実践の根拠や看護専門職としての役割を明確に示しながら社会の要請に積極的に応え、人類の健康・福祉に主体的に貢献できる、ナース・サイエンティストの養成を目指しています。

看護学部入学者受入方針(アドミッションポリシー)

看護学は実践の科学と言われるように、講義や演習で学んだ技術や知識を実際の患者さんに提供するところまでを求める学問です。そのため、まず、看護の対象である人間を十分に理解し、そのうえで、看護学の専門的な知識・技術を使って実際の患者さんに援助を提供します。

千葉大学看護学部は、ナース・サイエンティストの育成に向け、以下のような資質を有する学生の入学を求めています。

1.確かな学力

学ぶことの中に面白さを発見でき、柔軟な発想と論理的な思考の基礎となる学力を有している人。

2.豊かな感性・主体性

相手の立場を思いやることができ、様々な人々と協力し合いながら主体的に行動できる人。

3.高い志

幅広い問題意識を持ち、人々の健康を支えるという側面から、看護の実践や研究に取り組みたいという意欲を持つ人。

過去3年間の入学試験実施状況

()内は男子を内数で示す。

1:一般選抜(前期日程)
  志願者 募集人員 合格者
平成31年度 154名(6) 49 55名(1)
平成30年度 181名(12) 49 56名(2)
平成29年度 150名(8) 49 53名(1)
2:学校推薦型選抜
  志願者 募集人員 合格者
平成31年度 77名(5) 24 24名(1)
平成30年度 81名(5) 24 24名(0)
平成29年度 99名(1) 24 24名(0)
3:社会人選抜
  志願者 募集人員 合格者
平成31年度 10名(1) 7 5名(0)
平成30年度 13名(1) 7 4名(1)
平成29年度 32名(3) 7 8名(0)
4:3年次編入学
  志願者 募集人員 合格者
平成31年度 12名(1) 10 0名(0)
平成30年度 14名(1) 10 2名(0)
平成29年度 19名(0) 10 2名(0)

平成31年度一般選抜現役・既卒の割合

志願者154名のうち現役の方は116名、既卒の方は38名です。志願者の現役割合は75.3%です。合格者は55名のうち現役の方は42名、既卒の方は13名となります。合格者の現役割合は76.4%となり、既卒に比べて現役の合格者が多いです。

平成31年度一般選抜合格者の試験結果

配点 1350点(センター450点+個別900点)
合格者 55名
最高点 1108点(82.0%)
最低点 819点(60.7%)
平均点 897点(66.4%)

令和2年度入学試験の概要

1:一般選抜(前期日程のみ)

募集人員:49名
出願期間:令和2年1月27日~2月5日
試験日:2月25日・26日
合格発表:3月9日
試験科目:面接、理科、外国語、及び大学入試センター試験(5教科7科目)

※詳細は、10月下旬公表予定の「令和2年度千葉大学一般選抜学生募集要項」をご覧ください。

2:学校推薦型選抜

募集人員:24名
出願期間:令和元年11月1日~6日
試験日:11月16日
選抜方法:小論文、面接

3:社会人選抜

募集人員:7名
出願期間:令和元年8月1日~6日
試験日:9月19日
選抜方法:小論文、英語、面接

4:3年次編入学

募集人員:10名
出願期間:令和元年8月1日~6日
試験日:9月19日
選抜方法:学力検査「看護学」、小論文、英語、面接

令和2年度看護学部入学者選抜方法(前期日程)

(1)センター入試(5教科7科目 450点)

国語
地理歴史・公民から1科目
数学(数IA、数IIB)
理科(物理、化学、生物から2科目)
外国語(英語(リスニング含む)、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1科目)

(2)個別学力検査(900点)

面接 100点
理科(物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物から2科目) 500点
外国語(コミュニケーション英語I・II・III) 300点

過去問題の請求方法

学校推薦型選抜については昨年度分のみ公開となっております。高等学校を通して請求してください。

3年次編入学、社会人選抜については事前に予約していただいての閲覧となります。

学生生活

1.学費等

入学金は282,000円、授業料は令和2年度入学者より、半期で321,480円、年額642,960円です。それ以外に初年度は学生保健互助会費8,000円(4年分)、学生教育研究災害傷害保険料5,370円(4年分)、後援会費60,000円、同窓会費12,000円などを含めて年間1,010,330円となります。

授業料の増額の理由
新授業料による安定した財源をもとに、「千葉大学グローバル人材育成プログラム」ENGINEを2020年度から開始します。このプログラムは、発信力、自己表現力、コミュニケーション力という3つの能力を備えた世界で活躍できる人材育成を目的としています。プログラムの主な内容は次の3点です。

  • 全員留学
    それぞれの学生の留学の目的、語学力に合わせた多様なプログラムを準備しています。
  • イングリッシュ・コミュニケーション拡充
    外国人の教員を新たに配置し、英語によるコミュニケーション、アカデミックライティングなどに関する語学教育の充実を図ります。
  • スマートラーニングの実践
    eラーニングを活用した多方向による個別学習システムを活用し、学生が安心して留学できるよう留学中でも国内でおこなわれている授業を受けられる教育環境を整備します。

このため2020年4月の入学者から授業料を改定します。同時に志のある学生が千葉大学で学ぶ機会を失うことがないように、学生の経済的な支援の充実にも更に配慮します。

2.授業料免除制度

経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる方が対象です。※平成30年度は、授業料免除申請者のべ74人中、70人が授業料の全額または半額免除となりました。

※また、学費負担者の死亡や本人若しくは学費負担者が災害を受けた場合等、授業料の納付が困難であるやむを得ない事情があると認められる方が対象となります。

3.奨学金制度

全学部生を対象にした日本学生支援機構奨学金があります。また、看護学部生を対象とした千葉大学医学部附属病院奨学金があり、3年次に毎月50,000円支給されます。卒業後に勤務することが条件となります。その他、都道府県や市町村、個別の病院からの奨学金などがあります。

4.サークル・部活動

千葉大学には西千葉、亥鼻キャンパスに体育系、文科系の多くのサークルがあります。看護学部には唯一の公認ダンスサークル「舞部」があります。

後編へ