2019年度

|フォトニュース|
タイのコンケン大学(Khon Kaen University)から、看護学部生2名が短期留学に来ました。 タイのコンケン大学(Khon Kaen University)から、看護学部生2名が短期留学に来ました。
2019年6月27日(木)更新

タイのコンケン大学(Khon Kaen University)から、看護学部生2名が短期留学に来ました。

2019年6月7日(金)から6月19日(水)に、タイのコンケン大学から看護学部生2名が短期留学に来ました。留学生は、日本の看護に関する講義の受講、看護技術演習の実施、Interprofessional Educationへの参加、大学病院・保育園等の現地視察などを行いました。最終日は2週間の学習に関する成果発表会を行い、講義や演習を担当した教員等と学習内容や日本での生活体験について、共有しました。

  • タイのコンケン大学(Khon Kaen University)から、看護学部生2名が短期留学に来ました。
  • 2019年度の学タイのコンケン大学(Khon Kaen University)から、看護学部生2名が短期留学に来ました。部新入生のガイダンスを行いました
英国Ulster大学の看護学科長のSonja McIlfatrick教授が来校されました 英国Ulster大学の看護学科長のSonja McIlfatrick教授が来校されました 英国Ulster大学の看護学科長のSonja McIlfatrick教授が来校されました 英国Ulster大学の看護学科長のSonja McIlfatrick教授が来校されました
2019年6月18日(火)更新

英国Ulster大学の看護学科長のSonja McIlfatrick教授が来校されました

2019年5月28日(火)から5月31日(金)の4日間に渡って、緩和ケアの世界的権威であり国際的に著名な英国Ulster大学看護学科長のSonja McIlfatrick教授が来校されました。
Sonja先生は千葉大学グローバルプロミネント研究基幹リーディング研究育成プログラム「超高齢社会における市民-専門職連携型エンドオブライフケア教育研究拠点」プロジェクト(推進責任者:増島麻里子准教授)の外部評価委員も務められており、当プロジェクトの最終評価を兼ねた現地視察を目的に今回来校されました。
この滞在期間中に、看護学研究科のため精力的にご活動いただき、28日に開催された第5回エンドオブライフケアシンポジウムでは、緩和ケアとエンドオブライフケア研究の動向に関しての貴重なご講演を賜りました。29日には中村伸枝学部長・研究科長、諏訪さゆり評議員、手島恵副研究科長、エンドオブライフケア研究プロジェクト推進者らとのミーティング、30日には看護学研究科の教員、大学院生、看護学部生を対象に世界に伍するPhD教育はどうあるべきかを主要テーマにした非常に有意義なワークショップを開催していただきました。
看護学研究科にとって誠に学びや気づきの多い大変有意義な4日間となりました。

    英国Ulster大学の看護学科長のSonja McIlfatrick教授が来校されました 英国Ulster大学の看護学科長のSonja McIlfatrick教授が来校されました
藤棚が咲きそろいました
2019年4月24日(水)更新

藤棚が咲きそろいました

看護学部・看護学研究科の中庭にある藤棚が咲きそろいました。新緑の木々を背景に、緑と薄紫のコントラストが、大変美しく映えています。

短期留学プログラム「Global Health and Nursing II/異文化看護演習」の報告会および説明会を開催しました 短期留学プログラム「Global Health and Nursing II/異文化看護演習」の報告会および説明会を開催しました 短期留学プログラム「Global Health and Nursing II/異文化看護演習」の報告会および説明会を開催しました
2019年4月11日(木)更新

短期留学プログラム「Global Health and Nursing II/異文化看護演習」の報告会および説明会を開催しました

2019年4月10日に、学部学生を対象に、 短期留学プログラムである「Global Health and Nursing II(旧カリキュラムでの異文化看護演習)」の学生による報告会と、科目担当教員による説明会を開催しました。
このプログラムでは、2019年2−3月に本学部学生をアラバマ大学看護学部(米国)、コンケン大学看護学部(タイ)、レスター大学(英国)に派遣しました。また、学生が独自に大学間協定校であるマヒドン大学(タイ)のプログラムにも参加しており、これら4つの大学での学習活動や学びについて、合同での報告会を行いました。アラバマ大学看護学部への派遣は文部科学省の世界展開力強化事業COIL (Collaborative Online International Learning) 型教育プログラムの一環でもあります。
学生による報告の後に、科目責任教員より、本年度の同短期留学プログラムの説明がなされました。
参加した学生と、報告者である学生や教員により、活発な質疑応答が行われました。

  • 短期留学プログラム「Global Health and Nursing II/異文化看護演習」の報告会および説明会を開催しました
  • 短期留学プログラム「Global Health and Nursing II/異文化看護演習」の報告会および説明会を開催しました
2019年度の学部新入生のガイダンスを行いました 2019年度の学部新入生のガイダンスを行いました
2019年4月3日(水)更新

2019年度の学部新入生のガイダンスを行いました

桜が満開となった4月2日、2019年度の看護学部1年次生ガイダンスを、入学式に先立って、看護学部校舎にて実施しました。中村伸枝看護学部長のご挨拶の後、履修方法や学生生活等についての説明がなされました。
同日には2年次生、3日は3、4年次生のガイダンスも実施されます。
ご入学・進級おめでとうございます。

  • 2019年度の学部新入生のガイダンスを行いました
  • 2019年度の学部新入生のガイダンスを行いました
春の花々が咲きそろいました 春の花々が咲きそろいました
2019年4月3日(水)更新

春の花々が咲きそろいました

看護学部・看護学研究科のある亥鼻キャンパスでは、新年度の開始とともに、桜をはじめ、春の花々が咲きそろいました。看護学部の中庭では、いくつもの種類の桜が花を咲かせました。また歓迎ガーデンでも色とりどりの花が春風に揺れています。

  • 春の花々が咲きそろいました
  • 春の花々が咲きそろいました