センターについて

当センターの設置概要

1)1982(昭和57)年4月1日 全国共同利用施設として設置

看護学が独自の教育研究分野を確立しつつあった昭和50年代半ば、高齢社会の進展、医療資源の効率的運用等の実践的課題に対応する研究、指導体制の確立がせまられていた。そのような背景のもと、千葉大学看護学部に全国共同利用施設として、附属看護実践研究指導センターが設置された。看護系大学の教員等、看護学分野の調査研究に従事する者、看護職員の指導的立場にある者の利用に供することを目的として、共同研究、専門的研修等が実施されてきた。

2)研究部の構成

設置当初は、継続看護研究部、老人看護研究部、看護管理研究部の3研究部から構成されていたが、より柔軟で時代に即した活動が展開できるよう、2007(平成19)年4月から、政策・教育開発研究部、ケア開発研究部の2部構成となり、現在に至る。

3)2009(平成21)年 研究科附属へ

看護学研究科の部局化に伴い、附属看護実践研究指導センターも研究科附属となった。

4)看護学教育研究共同利用拠点の認定

2010(平成22)年度に文部科学大臣より、教育関係共同利用拠点として認定され、「看護学教育研究共同利用拠点」として活動している。2015(平成27)年度に再認定され、第2期の活動中である。看護学分野では唯一の拠点である。

当センターの目的

社会が期待する看護の価値の創造に向けて、実践―教育―研究をつなぎ、全国の看護系大学および地域の関連施設の機能の充実・発展をめざす。

当センターの活動基本方針

  1. 各看護系大学、関係機関等の自律的な活動を支援する。
  2. 大学間、利用者間の相互支援を重視する。
  3. 看護学教育の質保証のためのFD支援、SD支援を実施する。
  4. 当センターと利用者の双方向の良環境をつくり、活動を推進する(利用者は最先端の情報や課題を持ち寄り、当センターは必要なニーズを把握、事業の企画と運営を行い、利用者が参画する)。

パンフレット

組織図

※センターの事業計画と重要事項を審議するため、研究科長、センター長、外部の学識経験者等の委員で構成された「センター運営協議会」を年に1回開催しています。 また、事業計画と予算、管理運営を審議する「センター運営委員会」を毎月開催しています。

沿革

昭和50(1975)年 看護学部看護学科が設置された。
昭和54(1979)年 大学院看護学研究科看護学専攻修士課程が設置された。
昭和57(1982)年 看護学部附属看護実践研究指導センターが設置された。
平成 5(1993)年 大学院看護学研究科看護学専攻に博士後期課程が設置された。
平成14(2002)年 大学院看護学研究科看護システム管理学専攻(独立専攻)修士課程が設置された。
平成17(2005)年 センターが日本看護協会より認定看護師教育課程(乳がん看護)として認定された。
平成19(2007)年 センターが3研究部から2研究部(ケア開発研究部、政策・教育開発研究部)に改組された。
平成21(2009)年 大学院部局化に伴い、大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センターとなった。
平成22(2010)年 センターが文部科学大臣より看護学教育研究共同利用拠点として認定された。
平成24(2012)年 センター創立30周年記念講演会を開催した。
平成27(2015)年 センターが文部科学大臣より看護学教育研究共同利用拠点と して再認定された。

所在地

千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター
〒260-8672 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1 地図を見る
電話 043-226-2377・2378(看護学部事務部)