看護学教育研究共同利用拠点 千葉大学大学院看護学研究科附属 看護実践研究指導センターページへ移動する 新規ウィンドウでページが開きます

看護実践研究指導センターとは

高齢化社会の進展及び医療資源の効率的運用の要請が増加し、特に生涯を通ずる継続的な看護教育のあり方、高齢化社会に対応した老人看護のあり方、病院組織の複雑化等に対応した看護管理のあり方についての実践的な研究及び指導体制の確立がせまられはじめた昭和57年4月1日、これらの実践的課題に対応するとともに、国立大学の教員その他の者で、この分野の研究に従事する者にも利用させ、併せ看護職員の指導的立場にある者及び看護教員に対して生涯教育の一貫としての研修を行うための全国共同利用施設として、当センターは設置されました。

「看護学教育研究共同利用拠点」として認定されています

平成22年3月、当センターは、これまでの実績が認められ、文部科学大臣より看護学分野唯一の「看護学教育研究共同利用拠点」として認定されました(平成27年度再認定)。 拠点として活用され機能することをめざして、全国の看護系大学の教員、及び臨地実習を担当する国公私立大学病院等の医療施設の看護職者を対象として、教育に関する研修事業(FD)、看護管理や医療専門職の実践に関する研修事業(SD)、看護学共同研究事業を実施しています。さらに、文部科学省の特別経費(高度な専門職業人の養成や専門教育機能の充実)により、「教育―研究―実践をつなぐ組織変革型看護職育成支援プログラムの開発」プロジェクト(平成22-26年度)、「看護学教育におけるFDマザーマップの開発と大学間共同活用の促進」プロジェクト(平成23-27年度)を実施し、対象者・専門分野に対応したFD・SD・共同研究を含む体系的なプログラムの提供、および各看護系大学における効果的なFDの推進に資する事業に取り組んできました。平成28年度から新たに「看護学教育の継続的質改善(CQI:Continuous Quality Improvement)モデルの開発と活用推進」プロジェクトに取り組んでいます。

専門職連携教育研究センターページへ移動する 新規ウィンドウでページが開きます

専門職連携教育研究センターの概要 専門職連携教育研究センター(Interprofessional Education Research Center:通称IPERC)は、「次世代対応型医療人育成と「治療学」拠点創成のための亥鼻キャンパス高機能化構想-豊かな健康長寿社会と安全・安心な社会の実現を支える医療人の総合的育成-」プロジェクトの一環として、平成27年1月1日に正式に開設されました。本学の理念「つねに、より高きものをめざして」をよりどころに、超高齢社会とグローバル化に対応する次世代を切り開く人材教育とイノベーションに資する実践や研究を行い、本学で先導してきた医療系3学部(医学・薬学・看護学)の亥鼻IPEの蓄積を踏まえ、専門職連携学の体系的構築を理念としています。
主な活動
  1. 亥鼻IPEを発展させ、さらに大学院や医療系以外の教育機関とのIPEなど新しいIPEプログラムを開発し、自らの専門的な力を高めるとともに、他者と連携協働し、組織改革をしていける人材を育成します。
  2. IPW(専門職連携実践)を担う人材育成のために各種研修プログラムを開発し、大学病院や総合病院、地域の医療と介護を包括したIPWを促進します。また、IPE研究拠点として教育・実践・研究の蓄積および発信を行うとともに、IPEやIPWを推進する政策提言を行います。
  3. 亥鼻IPEの評価研究を実施するとともに、IPWに関する国内外の研究調査等を踏まえ、病院内や地域医療、そして、その両者をつなぐ有効なIPW人材育成およびシステムに関する研究を行います。