ごあいさつ

千葉大学大学院における「共同災害看護学専攻」

千葉大学大学院看護学研究科長 中村 伸枝

中村 伸枝

千葉大学は、平成26年4月から高知県立大学、兵庫県立大学、東京医科歯科大学、日本赤十字看護大学と共同し、5年一貫の博士課程「共同災害看護学専攻」を開設しました。
共同災害看護学専攻は、共同する5大学がそれぞれの強みを活かし共同することで、災害看護のグローバルリーダーを養成するという新しい教育課程です。本学は、総合大学としての豊かな教育資源と看護学の高等教育をこれまで牽引してきた教育力、実践・教育・研究それぞれを大切にして循環させながら発展させてきた強みがあります。
千葉大学が特に重視する人材育成は、災害対応という複雑かつ中長期に及ぶ未知の課題に対して果敢に臨み、様々な領域の人々と連携協働しながら問題の構造と対応策に対して研究を重ね、地域再生に向けて現地に新たな価値を創造できる人材です。学問的な見地からの分析力を養うとともに、現地に入り、現実の問題状況に向かい合いながら、グローバルリーダーとして求められる探究力、指導力、社会変革力等を実地に養っていけるように、様々なネットワークを活かし、教育環境を提供しています。
国公私立の5大学による共同、災害看護学の構築、グローバルリーダー養成という様々なチャレンジを含むこの博士課程教育は始まったばかりです。世界中で自然災害や人的災害が起こっている今日、この新しい教育課程で学んだ皆さんには、災害看護グローバルリーダーのパイオニアとして、個人-家族-集団-地域-国際においてグローバルな視点、学際的視点をもって様々な領域の人と連携しながら活動していくことを期待しています。災害看護グローバルリーダーに関心のある方は、ぜひ話を聞きにいらしてください。本教育課程へのご参画、ご支援をよろしくお願いいたします。

5大学国公私立大学間共同教育課程設置構想の実現に向けて
(博士課程教育リーディングプログラム:災害看護グローバルリーダー養成プログラム)

プログラム担当者(千葉大学統括) 正木 治恵

正木 治恵

本博士課程教育リーディングプログラムは、平成23年度より文部科学省において採択された44件のプログラムの中の一つです。このプログラムは、学位プログラムとして一貫した世界に通用する博士課程教育を行い、広く産官学にわたって国際社会で活躍し世界を牽引するリーダーを養成する世界的な大学院教育拠点の形成を推進することを目的に開始されました。我々は看護学の分野からこの使命を達成すべく、高知県立大学、兵庫県立大学、東京医科歯科大学、日本赤十字看護大学と共同し、5年一貫の共同教育課程設置構想を形作ってきました。本教育課程で養成する人材は、学際的・国際的な指導力を発揮し、世界で求められている災害看護に関する多くの課題に的確に対応・解決していくグローバルリーダーです。
新たな教育課程の構築には5大学が蓄積してきた実績を基にドリームチームを組み、斬新なアイデアを採り入れながら、これまでにはない博士課程教育に取り組みます。我々はこの新たな教育課程の開発を通して、看護学のパラダイムシフトが始まることも期待しています。我が国の自然や文化の基に発展してきた看護実践や看護学の知を、本大学院教育拠点を通して世界に発信し、人々の健康社会構築に寄与していきたいと考えます。
皆様もこの夢の実現に是非ご参画下さい!