ご挨拶

ご挨拶

当センターは、1982年(昭和57年)4月、調査研究、専門的研修等を行うとともに、看護系大学の教員等、看護学分野の調査研究に従事する者の利用に供することを目的として、国立大学唯一の看護学部を有する千葉大学に設置されました。設置以来30年以上にわたり、全国の看護系大学への支援および看護実践者を対象とした生涯学習支援を通して、看護の向上に向けた事業を行ってきました。こうした実績をもとに、2010年(平成22年)3月、文部科学大臣より看護学分野唯一の「看護学教育研究共同利用拠点」として認定されました。

認定以降は、「看護学教育研究共同利用拠点」として、全国の看護系大学の教員、臨地実習を担当する国公私立大学病院等の医療施設の看護職を対象として、教育に関する研修事業(FD)、看護管理や医療専門職の実践に関する研修事業(SD)、看護学共同研究事業を実施しています。さらに、文部科学省からの補助を受け、「教育―研究―実践をつなぐ組織変革型看護職育成支援プログラムの開発」プロジェクト(2010-2014年度)、「看護学教育におけるFDマザーマップの開発と大学間共同活用の促進」プロジェクト(2011-2015年度)、「看護学教育の継続的質改善(CQI : Continuous Quality Improvement)モデルの開発と活用推進」プロジェクト(2016-2019年度)といった、各種大型プロジェクトに取り組み、成果を上げてきました。

そして、2021年4月より、時代の変化に即してこれまでの知識提供型の研修事業の在り方を大きく転換し、「利用者相互のピア・コンサルテーション」を軸に、新事業を展開してまいります。この新事業は、「“Society5.0看護”創出拠点-ピア・コンサルテーションを通じて共創する人間中心の健康支援方略-」という名称で進めていくことにしております。

母体となる大学院が看護学研究院へと改組されることを機に、新事業の核となる理念である「ピア・コンサルテーション」に即して、当センターの名称も変更しました。新名称は、「看護実践・教育・研究共創センター」です。この名称は、当センターが提供する機会を活用する全国の看護職やその所属組織が協働して、実践・教育・研究を含む看護学を開発していく拠点という活動理念を表現したものです。

当センターは、教育・研究・実践の良循環を通して、山積する社会的課題の解決に看護学の立場から貢献し、すべての国民が自らの力を発揮して健康で幸せな生活を営むことができるよう、今後も活動を続けてまいります。この目的に向かって皆様と共創できることを心から楽しみにしております。

千葉大学大学院看護学研究院附属
看護実践・教育・研究共創センター長
和住 淑子
看護実践・教育・研究共創センター長