ご挨拶

ご挨拶

千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センターは、昭和57年4月、調査研究、専門的研修等を行うとともに、看護系大学の教員等、看護学分野の調査研究に従事する者の利用に供することを目的として設置されました。設置以来約35年間、他機関の教育研究者・実践者との共同研究、看護学教育ワークショップ・看護学教育指導者研修等のFD、および国公私立大学病院等の師長、副看護部長等の実践者を対象とした生涯学習支援を通して、看護学教育の質の向上に向けた事業を行ってきました。

こうした実績をもとに、平成22年3月、文部科学大臣より看護学分野唯一の「看護学教育研究共同利用拠点」として認定されました(平成27年再認定)。教育研究共同利用拠点制度は、「質の高い教育を提供するためには個々の大学の取り組みだけでは限界があるため、他大学との連携を強化し、各大学の有する人的・物的資源の共同利用等の有効活用を推進し、大学教育全体として多様で高度な教育を展開する必要性」から開設されました(教育関係共同利用拠点制度について)。こうした社会的要請に対し、拠点として活用され機能することをめざして、全国の看護系大学の教員、臨地実習を担当する国公私立大学病院等の医療施設の看護職を対象として、教育に関する研修事業(FD)、看護管理や医療専門職の実践に関する研修事業(SD)、看護学共同研究事業を実施してきました。さらに、文部科学省の特別経費(高度な専門職業人の養成や専門教育機能の充実)による、「教育―研究―実践をつなぐ組織変革型看護職育成支援プログラムの開発」プロジェクト(平成22-26年度)、「看護学教育におけるFDマザーマップの開発と大学間共同活用の促進」プロジェクト(平成23-27年度)を実施し、対象者・専門分野に対応したFD・SD・共同研究を含む体系的なプログラムの提供、および各看護系大学における効果的なFDの推進に資する事業に取り組んできました。

平成28年度から新たに「看護学教育の継続的質改善(CQI:Continuous Quality Improvement)モデルの開発と活用推進」に取り組んでいます。
こうした事業を通して日本の看護学教育の状況を集約して国内外に発信し、本センターが、国内外の看護職の皆様に広く活用され、ひいては国民の健康の増進に資するものとなるよう、今後も最善を尽くしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

千葉大学大学院看護学研究科附属
看護実践研究指導センター長
吉本 照子
看護実践研究指導センター長