看護系大学FD企画者研修

看護系大学FD企画者研修

平成19年の大学設置基準の改正以来、各看護系大学では、すでにさまざまなファカルティ・ディベロップメント(以下FDとする)が行われています。地域包括ケアシステムの構築が進む中、次世代の看護職を育成する上で、地域のさまざまな保健医療施設と看護系大学の連携の重要性が高まっていますが、看護および看護学の特質を踏まえ、自大学の実情に見合ったFDを体系的に企画・実施・評価することは難しく、FD企画者養成へのニーズが、ますます高まっております。そこで、当センターでは、平成29年度からの新規の事業として、「看護系大学FD企画者研修」を開催することとしました。

平成30年度 看護系大学FD企画者研修 - 研修の様子掲載中

目的

地域包括ケアシステムの構築が進む中、次世代の看護職を育成する上で、地域のさまざまな保健医療施設と看護系大学の連携の重要性が高まっています。毎年約10校のペースで大学の新設が続く中、看護系大学教員には、変化する看護職の役割を踏まえ、看護を学問として体系的に教授する能力が強く求められています。

平成19年の大学設置基準の改正以来、各看護系大学では、すでにさまざまなファカルティ・ディベロップメント(以下FDとする)が行われていますが、看護および看護学の特質を踏まえ、自大学の実情に見合ったFDを体系的に企画・実施・評価することのできるFD企画者養成へのニーズが、ますます高まっております。

このような背景を踏まえ、「看護学教育研究共同利用拠点 千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践教育指導センター」では、平成29年度から「看護系大学FD企画者研修」を開催しております。本研修は、当センターの中核事業である「看護学教育の持続的質改善(CQI : Continuous Quality Improvement)モデルの開発と活用推進」事業の一環として開催するものであり、組織分析を通して自大学の課題を特定し、看護および看護学の特質を踏まえ、自大学の実情に見合った体系的なFDを企画・実施・評価できるFD企画者(FDer)としての能力を身につけることを目的としています。

なお、本研修では、当センターがこれまでに開発した、「看護系大学におけるFDマザーマップ」およびそれに関連する各種FDコンテンツの活用方法についても学ぶことができます。教員の能力開発を通した教育の質改善に自律的に取り組む意思のある看護系大学教員の方々のご参加をお待ちしております。

主催・実施 看護学教育研究共同利用拠点
千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター
研修期間・
研修内容
研修Ⅰ 平成30年7月22日(日)10:00~12:00、13:00~16:00の5時間
研修Ⅱ 平成30年8月22日(水)~8月24日(金) 3日間
研修Ⅲ 平成31年2~3月中のいずれか1日のうち5時間(10:00~12:00、13:00~16:00)(受講決定後、受講者との相談によって実施日を決定します)(研修内容は別紙1のとおり)
会場 千葉大学大学院看護学研究科・看護学部(千葉市中央区亥鼻1-8-1)
受講定員 5組(10名)程度
受講対象者 看護系大学教員のうち、組織においてFDを推進する立場にあり、所属大学の看護学部・学科長等の管理者から推薦を受けた方とします。組織的なFDを推進するため、原則として、2名1組での推薦をお願いします。職位は問いませんが、FD委員会メンバー等、組織においてFDを推進する役割を持つ(もしくは今後持つ予定)の方に限ります。なお、ご応募は、全日程参加できる方に限ります。(特に、研修Ⅰ・研修Ⅱは日時が決まっておりますので、ご注意ください。)
【研修Ⅰ】
  • FD企画検討に活用できる当センターからの情報提供FD企画検討に活用できる
    当センターからの情報提供拡大する
  • 自大学の現状を踏まえた本質的FD課題の解明自大学の現状を踏まえた
    本質的FD課題の解明拡大する
  • 自大学の現状を踏まえた本質的FD課題の解明自大学の現状を踏まえた
    本質的FD課題の解明拡大する
  • 自大学の現状を踏まえた本質的FD課題の解明自大学の現状を踏まえた
    本質的FD課題の解明拡大する
  • 自大学の現状を踏まえた本質的FD課題の解明自大学の現状を踏まえた
    本質的FD課題の解明拡大する
  • 自大学の現状を踏まえた本質的FD課題の解明自大学の現状を踏まえた
    本質的FD課題の解明拡大する
【研修Ⅱ】

撮影:千葉大学写真部

過去の研修の様子